トップページ すべての記事 Ange Bloomのバナナクリップに関して
2020年01月08日 00時:00分

Ange Bloomのバナナクリップに関して

Ange Bloomのバナナクリップの構造に関して

Ange Bloomのバナナクリップは多くのユーザー様に愛される、使い勝手のいいバナナクリップです!

「今までのクリップとは違う!」「しっかり固定されて使いやすい!」「毛量が多くてバナナクリップを何度も折ってしまっていましたが、Ange Bloomのは違う!」など多くのお声を頂いております。

他のバナナクリップと何が違うのか!?ご説明いたします。

 


Ange Bloomのバナナクリップはココが違う


▼ 他社製品の例
 

▼ Ange Bloomのクリップ

POINT1:髪を挟む部分がカーブしている   

髪を挟むことを想定してクリップにカーブをもたせたしっかり幅のあるクリップなので、髪に負担をかけずに量の多い髪もきっちりとめられます。

 

POINT2:髪を挟むクシが長くて多い   

Ange Bloomのクリップはクシ歯を長く、細く改良しているので安定感が増して、使い勝手がさらに大幅に向上しています。

POINT3:留め具部分に余裕があり折れにくい  

髪を挟んでない状態ではクリップのつまみは噛み合っていません。カパカパと動くような状態です。

これは髪をクリップで挟んだ時にしっかり噛み合う構造になっています。幅のある髪をクリップで挟むとクリップに力がかかり、外側に広がろうとします。

そうすることで、つまみ部分も同じように外側へ力がかかることでクリップがしっかり噛み合い、固定されるようになっています。


Ange Bloomのバナナクリップの種類に関して

基本的にデザインが大きくても小さくても実は使用しているクリップは同じ。クリップ部分約長さ10.5cm、幅2.5cmのクリップの1種類です。(※一部商品を除く)

大きいデザインだから毛量の細い方は使えない、小さいデザインだから毛量が多い方は使えないといったことはありませんのでご安心ください。

もし、毛量が少ない方や、髪質がストレートでクリップをつけてもスルスル落ちそうという場合は、まず髪をドラッグストアや100円均一等で販売しているシリコン製の細いヘアゴムで縛ってからクリップを止めてください。

少し幅を持たせることでクリップのホールド力がアップいたします。

【】
商品の詳細ページへ 記事一覧へ